いよいよ小倉 三萩野庭球場にて第15回全国専門学校テニス選手権大会が始まりました。

男女共に団体戦です。
男子は昨年に引き続き連覇を狙っています。
女子は昨年の決勝戦の涙から頂点を狙っています。

男子は準決勝にて関西ブロック第2位の大阪社会体育専門学校と対戦し先手2勝、明日の決勝戦に駒を進めました。

女子は準決勝にて同じく関西ブロック第2位の履正社医療スポーツ専門学校と対戦し残念ながら2敗、本大会ベスト4となりました。

勝負の洗礼は初日から選手たちに試練を与えています。特に団体戦では調子の良い者を優先的に出場させます。コンディションはもちろん、メンタルまで不調の選手を荒波に出す訳にはいかないのです。多少の不安は有りながらも、自らプレッシャーをハネ退ける、与えられた環境でベストを尽くすことが求められるのです。
キャプテンやチームの指向や志向だけではなく、また監督や総監督の気分次第で決められるほど甘くはないのです。

団体戦ならではの心理も働き、個人が優先されずにチームの為をが求められてくるのです。

明日の日中は雨予報の北九州。
どんな展開が待っているのでしょうか?

☆テニスチーム blog
http://blog42.neec.ac.jp/

☆スポーツカレッジ Facebook
https://m.facebook.com/neec.sportscollege?ref=bookmarks

☆東京都専門学校テニス連盟
https://m.facebook.com/profile.php?id=347438128798761

☆TWCスポーツ栄養サポートチーム>
http://www.tw-consulting.jp/tsns.html

image
image
image
image
image
image