テニス教師検定 二日目を書き上げていませんでした。

朝一番からナショナルトレーニングセンターにてテニス理論の筆記試験、お昼を挟んで午後は打球、技術テストと受験者たちは全日程を無事に終えることが出来ました。今年のコートサーフェスは昨年に続いて、フレンチオープン ローランギャロスと同じく、赤土のレッドクレーコートです。バウンドや足元のスライド、ストップが普段の砂入り人工芝とは状況が違います。

会場から出てくる表情も様々でした。
弱気な発言、晴れやかな表情とありましたが、襲いかかるプレッシャーは過酷な事であったと想像されます。

解放された時も束の間に、今度は後期の期末試験が始まりました。

まだまだ2年生たちの「笑顔の余裕」は後のお話になりそうです。

image
image
image